借金が返済できなくなってしまったら

無理な借金の返済

消費者金融の借入れ、カードローンや住宅のローン等、信用でお金を借りることがあります。広義的に見るとクレジットカードのショッピングでも借金の部類に入ります。日本国自体が多くの借金がありますが、クレジットカードのショッピングが借金と考えると多くの人が借金をしている状態です。ゆとりのある返済を行なっていれば借金は新規の借入を行わない限り必ず終了します。しかし、自転車操業的に借金を繰り返してしまうといつまでたっても借金の返済が終了しない状態になります。それでも返済に余裕があれば問題無いのですが、借金を繰り返すことでいずれ破綻する状態になります。近年日本では、改正化貸金業法により銀行の借入以外では総量規制が設けられているので、収入の3分の1以上の借入は基本的にできないことになっています。



しかし、貸金業法の改正以前では総量規制が決められていない状態なので、多くの借入を行っている人がいます。総量規制を越えての借り入れを行っている人は、新規に借入を行うことが難しい状態です。条件によっては借り入れを行うことができないので、新規の借入を行い返済に充てることができません。返済を行う音が不可能になれば、有効な消費者金融と呼ばれているブラック金融で借入を行い利息の高い借金をすることになると、法律によって借金の整理を行わなければいけない状態になります。今の法律では自己破産または任意整理と呼ばれている個人再生を行うことで、今まで大変な返済を行なっている借金から解放される方法があります。次のページではこの借金から解放される方法を説明させていただきます。

Copyright © 2014 借金が返済できなくなってしまったら All Rights Reserved.